question


交通事故で怪我を負い、通院しております。相手が任意保険に加入しておらず、また当方の過失が大きかったのでいまだに 何の保証もありません。治療費が30万円程かかっております。強制保険の請求は出来ないのでしょうか?

answer


強制保険は自動車損害賠償保険といい、通称自賠責保険といいます。 
これは、対人保険だけで人に対する損害の補償に使われ、物に対する損害は対象になりません。     

  御相談のケースですと、治療費が30万円ということですから自賠責保険の対象になります。また、治  療費の他に休業補償、慰謝料、交通費なども支払の対象になります。(障害の場合、120万円まで支払われます。)
相手方に任意保険があれば、相手方の保険会社の方で手続きをしてくれる場合もありますが、こちらの過失が大きい場合などはせいぜい相談に答える程度で、手続きは自分でしなければなりません。
この場合、相手の自賠責保険に被害者請求の手続きをすることになります。

手続きには、印鑑証明書と実印が必要になります。
請求書の外に
・交通事故証明書
・病院が発行する、診断書及び診療報酬明細書
・事故発生状況報告書
・休業損害証明書又は所得証明書
・通院交通費明細書

等を揃え、押印箇所に実印を押して、印鑑証明書を添えて保険会社に請求します。

書類に不備がなければ通常1月程で支払われます。
任意保険では、過失があればその分減額されますが、自賠責保険では軽過失の場合減額されることはほとんどありません。

御自分で請求できない場合は、お近くの行政書士へ御相談下さい。